2007年06月09日

介護予防に対する介護保険制度の給付メニュー

スポンサードリンク
介護予防は要介護者にならないようにするためのもので、介護保険制度の改正で2006年から「介護予防」というサービスメニューが設けられ、介護給付だけではなく予防給付の制度も設けられました。
介護予防のメニューにはどのようなものがあるのでしょうか。

介護予防メニュー1「筋力向上トレーニング」
身体機能を維持するための筋トレで、パワーリハビリテーションと呼ばれる。専用のトレーニングマシンを使用する。
介護予防メニュー2「栄養改善」
適切な栄養バランスのとれた食生活を送れるように食習慣の指導をする。
介護予防メニュー3「フットケア」
足の爪のケア・マッサージを行い、足の健康状態を保つことによって、生活機能の維持・増進を図る。
介護予防メニュー4「閉じこもり防止」
活動意欲の低下が精神活動の低下につながることを予防するとともに、社会参加を通して、心身の活性化を支援する。
介護予防メニュー5「口腔ケア」
ブラッシングを指導することで、口腔内の清潔を保ち、感染症を予防する。

介護予防のメニューでとくに重要な目的は、生活が不活発になることにより、心身機能が低下することを防ぐことです。体を積極的に動したり外出を促すことで、自立した心身の維持に努めます。
多くの自治体で取り入れられているのが高齢者の筋力トレーニングである「パワーリハビリテーション」で、「介護予防」のモデル事業が行われています多くのの自治体で、取り入れられています。

その他にも、多様性のある介護予防のプログラムの充実にともなって介護予防のスペシャリストの養成が急がれて、その資格も注目されています。

ラベル:介護予防
posted by 介護予防 at 07:34| 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護予防の資格

介護予防の資格として地方自治体では育成事業を実施するところもあるようです。

介護予防資格1介護予防主任運動指導員」

介護予防主任運動指導員」とは、「介護予防運動指導員」を養成する講師資格です。老人研が保有する各種介護予防プログラムの理論及び高齢者筋力向上トレーニングなどのノウハウを習熟しているとともに、指導者たるにふさわしい知識を有する者(東京都の例)


介護予防資格2介護予防運動指導員」

介護予防運動指導員」とは、介護予防主任運動指導員等による講習を受講したのち、老人研から認定を受けた者で、老人研が保有する各種介護予防プログラム、高齢者筋力向上トレーニングなどの事業を実践する者(東京都の例)



介護予防資格3介護予防指導士」

日本介護予防協会が主催する講習会を受講することで取得できる資格のようです。

介護予防の現状を理解し、特別な器具に頼らない、どこででも利用できる指導法を身につける効率よく必要なスキルを習得し、筋力向上・栄養改善・口腔機能向上などの重点項目にも対応しています。者で、老人研が保有する各種介護予防プログラム、高齢者筋力向上トレーニングなどの事業を実践する。



ラベル:介護予防
posted by 介護予防 at 07:30| Comment(6) | TrackBack(7) | 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護予防のシステム(NTT)

介護予防で何の疾病を予防するのか。よく知られているのは、中年期の代表的な疾病として、高血圧、糖尿病といった生活習慣病に起因することが多い脳卒中、心疾患といったものや、がん等です。
一方、高齢期になって寝たきりになる原因をみると、加齢による筋力低下や、これによる転倒・骨折、痴呆などという、「老化による虚弱」そのものが要介護状態を招く大きな要素とないます。
以上から、介護予防で注目されていることは、中年期からの生活習慣病予防に加えて、高齢期における老化による虚弱予防です。
介護保険制度においては「要支援」や「要介護1」の高齢者が年々増加する傾向にあることから、軽度の要介護者の身体機能を改善させる、または要介護状態を進行させないための「介護予防」への取り組みが地方自治体で進められています。

ラベル:介護予防
posted by 介護予防 at 07:30| 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護予防で注意すべき疾病は

介護予防で何の疾病を予防するのか。よく知られているのは、中年期の代表的な疾病として、高血圧、糖尿病といった生活習慣病に起因することが多い脳卒中、心疾患といったものや、がん等です。
一方、高齢期になって寝たきりになる原因をみると、加齢による筋力低下や、これによる転倒・骨折、痴呆などという、「老化による虚弱」そのものが要介護状態を招く大きな要素とないます。
以上から、介護予防で注目されていることは、中年期からの生活習慣病予防に加えて、高齢期における老化による虚弱予防です。
介護保険制度においては「要支援」や「要介護1」の高齢者が年々増加する傾向にあることから、軽度の要介護者の身体機能を改善させる、または要介護状態を進行させないための「介護予防」への取り組みが地方自治体で進められています。

ラベル:介護予防
posted by 介護予防 at 07:28| 介護予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。